説明を聞いても半信半疑。しかし実際やってみたら……「ため息深呼吸」

公開日: : 最終更新日:2016/04/11 呼吸法, 肩こり

breth03

実践された方々の体の変化の一部をご紹介します。

  • 原因不明の頭痛がなくなった。
  • 30年以上、慢性的にあった肩こりが改善された。
  • 口を大きく開けられなかった顎関節症が改善された。
  • 睡眠が深くなり、日中の元気、やる気が出た。
  • 週に1~2回しか排便できなかった便秘が改善した。
  • 肉体的にも精神的にも緊張しっぱなしだったのが、適度に力が抜け仕事をするのが楽になった。
  • 1年以上痛くて挙がらなかった肩が、上げても回しても痛くなくなった。

1回たった6秒!圧倒的に簡単だから続けられる!
このすばらしい効果を得るための方法とはずばり「深呼吸」

ただの深呼吸ではありません。
この深呼吸にはちょっとした秘訣があります。

まず、腹式呼吸ではなく、「胸式呼吸」で行うということ。
鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
胸いっぱいに吸い込んでください。
肩が上がってしまってもかまいません。むしろ肩が上がるぐらいいっぱいに吸い込んでください。
そして、胸の広がり、肋骨が広がるのを感じてください。

breth02
ここから2つの目のポイントです。
吐くときは「口」から。ため息を吐くように「ハァ~~~~~」と一気に吐き出します。
吐き終わったあと、その気持ちよさの余韻を少しの間味わってください。

ここまでで呼吸1回分です。
これを2~3回繰り返します。

これだけでなぜすばらしい効果をえられるのか、後ほど説明します。

腹式呼吸よりはるかに簡単!

たったの2~3回です。
これを仕事の合間や寝る前に行います。

もちろん腹式呼吸もすばらしい方法です。
できる方はどんどんやってほしいと思いますが、欠点がひとつあります。

巷に腹式呼吸はすごい、こんなにいいんですよ!という情報があふれているので、テレビやインターネットでそのやり方を見てチャレンジしたことがある方も多いと思います。

ただし!

書いてあるとおりにやってみたけど、

  • 難しくてできない!
  • なんかお腹に力が入っちゃってちゃんとできないのよね!
  • 一応お腹は動かしてるけど、胸で呼吸しちゃってる!

という方も多いと思います。

ところが、この「ため息深呼吸」はどうですか?
今すぐ簡単にできますよね?!

それでは核心に迫ります。

「肋骨」「胸椎」「横隔膜」を整え、副交感神経を活性化させる!

ふだん使わなくなった関節や筋肉はどんどん老化していきます。
これは体のどの部分にも言えることです。

胸郭、肋骨、胸椎(せぼね)にも言えます。
胸いっぱいに息を吸い込んで、胸を膨らませることで肋骨を動かします。
肋骨を動かすことで胸椎(せぼね)も整えることができます。
もちろん深く呼吸をすることで横隔膜も大きく動かしています。
breth04
胸や背骨を整えることで、その上に乗っかっている頚の負担も軽くなります。
いわば呼吸で行う簡単骨格矯正です。
頚は自律神経が非常に多く出ているところですから自律神経も整えられます。

そして、酸素をいっぱい取り入れて脳や各臓器へたくさん栄養を送り込むんです。

緊張をゆるめる「ため息」

緊張しているとき、体はこわばって硬くなり呼吸は浅くなっています。
すると、血液中の酸素が不足気味になります。それを補うために体は交感神経を働かせて血管を収縮させ、血圧を上げ、全身への酸素供給を維持しようとします。
この交感神経優位に偏った状態を、ため息は解消してくれます。
とってもお手軽な自律神経調整法なのです。

通常の生活サイクルの中で、交感神経と副交感神経は、一方が強まると他方は弱まるといった具合にシーソーのようにバランスを取っています。
たとえば日中は交感神経が優位になって活動的になり、夜は副交感神経が優位になって心身ともにゆったりします。

これがストレスや緊張感を持って長時間仕事をしていると交感神経が強く働きっぱなしになります。
ため息は、交感神経の優位が長期化するのをリセットしてくれるわけです。

日々の回復力を高める

人間生きていたらある程度の疲労やゆがみは発生します。
それは避けられないことです。
しかし、運動したり睡眠を取ったりすることで回復したりゆがみを整えたりしています。
この日常、自然におこなっている回復力を高めてほしいと切に願うわけです。
「一日一日」の回復力をという感覚ではなく、「数時間おき」にリセットし回復させてあげることができれば、正常と異常の振り幅も小さくなりますから回復も早くなります。
そして、夜は質の高い睡眠へとつなげてさらに強力な回復をさせるのです。

回復力が高くなれば病気にもなりにくい、毎日が活き活き過ごせる、アンチエイジングにもいいわけです。

ただし、ある一定以上の疲労やゆがみが発生すると自分では治しにくくなりますから、そのときは鍼灸や整体などの力を借りて治してもらえればと思います。

首がめっちゃ軽くなる!肋骨・胸椎の寝るだけ整体 「リブ・ブロック」

スポンサードリンク

関連記事

背筋を伸ばす

背筋を伸ばすだけで内臓パフォーマンスが上がることを知ってますか?

姿勢が正しくないと動きが制限され、体への負担が激増します。という話なんですが、それだけでは面白くない...

肩と首のロックを解除する!リリース・テクニック

もし、あなたが カバンを肩にかけている(片肩、両肩関わらず) 毎日5時間以上パソコンをさ...

しびれ・痛みの原因、頚で圧迫されている神経を解放するテクニック

重度の肩こりになると、頭痛をはじめ指先にしびれを感じたり、握力の低下で手に持ったコップを落とすなんて...

首がめっちゃ軽くなる!肋骨・胸椎の寝るだけ整体 「リブ・ブロック」

どうしても治せない頚痛があった! 治療家になってまず治療できるようにならなければならないのが、肩こ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク



  •  
PAGE TOP ↑