ホーム > 助成金、福利厚生

自治体の助成金や会社の福利厚生を利用して還付金を受けられるかもしれません!

玉県の不妊治療費助成制度

住所要件

夫婦の一方又は双方が県内(さいたま市、川越市及び越谷市を除く)に住民登録があること。

所得要件

前年(1月~5月の申請は前々年)における夫婦の所得の合計金額が730万円未満であること。

助成回数の制限

初めて助成を受ける際の妻の年齢(治療開始時点)が、
・39歳までの方は通算6回まで。
・40歳~42歳の方は通算3回まで。

年齢の上限

治療開始時点で43歳以上となる場合(平成28年3月31日以前に開始していた治療を含む)は、助成の対象になりません。

詳しくはこちら
埼玉県の不妊治療費助成事業

例えば、こんなに戻ってきます!

********************************************************************************************************************************************

いたま市・川越市・越谷市の不妊治療費助成制度

埼玉県の助成制度に準じています。各要件もほぼ同じですね。

詳しくはこちら
さいたま市特定不妊治療費助成事業
川越市特定不妊治療支援事業
越谷市特定不妊治療費助成事業

********************************************************************************************************************************************

定申告の医療費控除

当院の領収書も医療費控除の対象ですので、毎回お出しする領収証は大切に保管して下さい。再発行はいたしません。

詳しくはこちら
医療費を支払ったとき(医療費控除)- 国税庁
医療費控除の対象となる医療費- 国税庁
医療費控除の対象となる出産費用の具体例- 国税庁
医療費控除の対象となる入院費用の具体例- 国税庁

例えば、こんなに戻ってきます!


********************************************************************************************************************************************

額療養費制度

対象は健康保険が適用になった医療費です。自由診療分は含まれません。例えば、「切迫早産で入院した」という場合に、その月の医療費が高額になればこの制度を使って還付金を受けることができます。
平成27年1月診療分から若干、変更がありました。

詳しくはこちら
高額療養費制度について- 厚生労働省

例えば、こんなに戻ってきます!


********************************************************************************************************************************************